2013年11月12日

2.ステップ釘の判別方法

続いて重要なのが、ステップ釘と呼ばれるものですが、こちらは見慣れないと見分けがつかないかもしれません。
こちらの釘が下がっていると、ヘソ釘に弾かれ、ヘソに入りづらい常態になりますので、少し試し打ちしてから判別するのもいいでしょう<
2.jpg
上図の様に釘が上向きになっているほうが、ヘソ釘に誘導されやすく、良釘と言えます。しかし、殆ど見かけませんが、あまりにも上調整されていると、パチンコ玉が弾かれすぎて、ヘソ釘を通り越えてしまう可能性があります。
この釘を見るコツとしては、釘を真正面からみると、角度がついている為、比較的わかり易いかと思います。
posted by パチ夫 at 21:43| Comment(0) | 釘読み方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

1.ヘソ釘の判別方法

もっとも重要な釘はヘソ釘です。
なぜなら、いくら他の釘が、中心付近へ玉を誘導する良釘でもここが閉まっている状態だとパチンコ玉が入らず、当たり判定がされないからです。1.jpg
ひどい時には、ここの開きがパチンコ玉のサイズとほぼ同じで、せっかく玉がヘソ釘付近にきてもここで弾かれてしまう恐れがありますので、ここが開いている台を選ぶことが必要になります。
しかし、一目見ただけでは、なかなか判別がつき辛いですが、上から覗き込むとハの字の様に見えます。
それでも見分けがつき辛い場合は、パチンコ玉などをヘソ釘にあわせ、サイズの違いを見て見ましょう
posted by パチ夫 at 21:34| Comment(0) | 釘読み方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこの釘を読めばいいか?

私が、パチンコ台を選ぶ時は、下記番号を振ってあるところを中心に台を選んでいます
0.jpg
上記図で、4つのポイントをあげましたが、実際に4つとも良い条件に当てはまるものは、殆どありません。そこで、私の場合そのポイントの中で優先順位を決めて選んでいます。中でも、もっとも重要視しているのは、@の釘です。
その次に【2】⇒【4】⇒【3】と言う順番ですが、【1】以外の釘は、あくまで【1】の付近へ寄せるための釘になりますので、【2】が少し悪くても【3】と【4】が良釘であれば、それを選んでもいいでしょう
posted by パチ夫 at 20:16| Comment(0) | 釘読み方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。